三吉会長例会での初挨拶。